mixiが新しいタイプのアプリを開始

SNSも次から次へと新しいものが出てくるのですが、ずっと人気が続きそうに思っていたものでも意外にも廃れてしまうものもありますよね。一時はほとんどの人がやっていた“mixi”もあんなに流行ったのにスマートフォンの普及でかなり稼動ユーザーが減ってしまいましたよね。コミュニケーション目的でスマートフォンと比較してみるとやっぱりアプリなどで気軽にタイムラインでつぶやいたりできるものの方が使いやすいですもんね。周りの知人もブログ更新の頻度が減ってきたりしてFBやTwitterで近況報告する方が主流になっています。でもそんなmixiが新しいコミュニケーションアプリを提供し始めたそうです。写真がメインのコミュニケーションアプリって多いのですがこの新しいアプリ「muuk」はなんと残らない写真をやり取りするものです。mixiは今までデータを保存することに目を向けていたようですが、このアプリは相手が一度見たり、一定時間が過ぎると消えてしまうので変顔やすっぴんなど残してほしくないものなどがメインで仲間内でのやり取りをターゲットにしているそうです。ネタとしては面白くても後世に残してほしくない写真なんかはとても向いていますね。
参考検索 ドコモ スマホ 比較

No Comments

これがあれば既読無視から解消!

LINEの公式ガイドブック「スマートに使いこなす基本&活用ワザ100」も好評発売中のコミュニケーションアプリLINE。メッセージを受信したときに、時間が無くて返信できない!なんてことよくありますよね。でも開封しちゃうと「既読」がついて読んだことが相手に分かってしまうので、早く返事を返さなきゃ!と心の中で葛藤したことがある人にオススメのアプリがあります。メッセージを既読(開封等)をつけずに未読のまま読むことができるアプリ「ちらみ~既読つけないで未読のまま読む!既読回避で既読無視解消」です。ダウンロードして、メッセージがきたら通知バーから「ちらみ」アプリを開くだけで既読回避しメッセージを確認できますよ。LINE等の絵文字も自動変換やLINEの他に「comm」「KAKAOTALK」「facebook」「twitter」「skype」「Viber」にも対応している便利アプリです。これで既読無視と言われずに済みます!
参考リンク docomo.publog.jp

No Comments

スマホを振って顔文字を作ろう

顔文字といえば、スマートフォンなどで使ったことがある人が多いと思います。
私もドコモ スマートフォンでメールを書く時などに、時々顔文字を使ったりします。
顔文字だったら、スマートフォンの機種が違ってもきちんと表示されるし、ちょっとした気持ちを伝えることができるので、わりと使い機会が多いんですよね。
そんな顔文字を作ることができる、ユニークなアプリがあるそうです。
このアプリ、『顔文字シェイカー』というもので、スマートフォンを振ると自動で顔文字を作ることができるのが特徴。
作れる顔文字の種類はなんと、5700種類以上にもなるそうです。
作った顔文字をTwitterでも簡単に使うことができるので、実用性もありそうですね。
『こんな顔文字、見たことない!』って、友達に言わせてみたいので、私も使ってみようかと思います。
参考情報 ドコモスマートフォン

No Comments

コミュニケーションのメインはLINEに

無料通話・メッセージアプリで有名なLINE。
今やLINEを使っていないスマホユーザーはいないのではないかと言うほど、人気のアプリとなりましたね。
ある調査によると、スマートフォンを持つ中高生の、友達とのコミュニケーション方法は、通話やメールをLINEが上回ったとのことです。
考えてみれば、私のようなアラフォー主婦だって、最近はメールよりもLINEでコミュニケーションを取ることが増えているのですから、若い人だったら当たり前ですよね。
やっぱり、チャット感覚で会話を楽しむように使える点が、何よりも魅力です。
このLINE、中高生の4人に1人が、母親とのメッセージ交換に利用しているそうです。
これって、女子が多いのでしょうか?
さすがに男子は、母親とLINEなんてやらないのかな?
息子を持つ私としては、将来息子が大きくなってからも、LINEでコミュニケーションが取れたらうれしいなと思ってしまうんですけどね。
関連キーワード おすすめ スマートフォン

No Comments

スマホを持ってポイントをために行こう

ショップで買い物をするとポイントがもらえるシステム、最近ではスマートフォンを利用してポイントをためられるショップも増えてきましたね。
さいふの中がポイントカードでいっぱいになることを防げるし、スマートフォンだったらいつでも持っているので、とても便利です。
そんなスマートフォンを利用したポイントサービスに、更にお得なものが登場しました。
ドコモが提供する『ショッぷらっと』は、お気に入りの場所とジャンルから自分の利用しているショップを検索、クーポンやお得な情報をゲットすることができるそうです。
特にうれしいのは、買い物をしなくても、そのショップに立ち寄るだけでポイントをもらうことができるというサービス。
ウインドーショッピングをしているだけで、いつのまにかポイントがたまるので、とってもお得ですよね。
私もさっそくスマートフォンにインストールしてみようかなと思います。

No Comments

ツーショットになりたいですか?!^^

スマホ レビューのタイトルを見ていたら、とっても面白いものを見つけました。そのタイトルが、「民主党、海江田代表とツーショットポスターが撮影できるスマホアプリ」^^これ^^一緒に海江田さんとツーショットで写りたいと思う人、いるんでしょうかね^^海江田さんを見ていつも思い出すのが、この方のご親族なんです。大学時代にこの方のご親族の講義を受けたことがあり、その方の顔を思い出すんですよね^^海江田さんご自身も確か最初は経済学者としてコメンテーターをしていたと思います。ただ、経済学者にしてはスマートでしゃべりもうまかったので、民主党からのお誘いがあり、乗っかってしまって今のような状況になっちゃったんでしょうね~。人生ってホントにどうなるのかわかりませんね。代表になる時期も悪かったのかもしれませんが、経済学者のまま好きなこと言ってる方が良かったんじゃないの~と余計なことを思ってしまいました^^

No Comments

疲れた目を休めよう

スマートフォンを持っていると、ついついインターネットなどをずっと続けてしまい、気が付くと2~3時間、スマートフォンの画面を見続けていた…なんていうことがあります。
長時間スマホを見続けていると、目に悪いことはよく分かっているんですけどね…。
スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器の画面を見過ぎると、眼精疲労の原因となります。
そんな眼精疲労を予防してくれるアプリが、BBソフトサービスから登場したそうです。
このアプリ、『ストレッチアイ』というもので、目の筋肉を収縮させて眼精疲労を予防する効果があるとのこと。
スマートフォンで疲れた目をスマートフォンで治すなんて、ちょっと不思議な気がしますが、使ってみる価値はありそうですね。

No Comments

新聞もスマホで

以前と違って、最近は新聞を取っていない家庭も増えているのではないでしょうか。
テレビやネットで、いくらでもニュースや情報を知ることができるようになると、有料で、しかも古新聞となると場所を取る新聞は、あまり人気がないのかもしれません。
仕事上、新聞を読む必要があるという人なども、紙の新聞ではなく、デジタル版の新聞を購読する人が増えているようです。
朝日新聞社は、『朝日新聞デジタル』を、新聞紙と同じレイアウトで読める機能を発表したそうです。
この『紙面ビューアー』という機能を利用すれば、慣れ親しんだ紙の新聞と同じ感覚でデジタル版の新聞を読むことができるので、見やすいですね。
デジタル版の新聞は、混雑する満員電車の中でも躊躇なく見ることができるという利点もあり、今後利用者が増えていくかもしれませんね。
参考サイト samsung.com

No Comments

写真は焼き増しする時代ではない

友達などと旅行に行ったら必ず写真を撮り、撮った写真は焼き増ししてみんなに配る…以前はそういうことが当たり前でした。
でも今は、写真の焼き増しなんて必要なくなってしまいましたね。
カメラ機能がアップしたスマートフォンでは、十分満足できる写真を撮影することができます。
そんなスマートフォンで撮影した写真は、友達とシェアするという方法が、最近のやり方です。
キングソフトから登場した『KINGSOFT 写真共有マスター』は、写真や動画を親しい仲間とシェアすることのできる、無料アプリです。
仲間の中の一人がサークルを作り、このサークルに参加することで、難しい設定をすることなく簡単に、撮影した写真や動画をシェアすることができるそうです。
これからは旅行に行ったら、帰りの電車の中でスマートフォンを使って撮影した写真をシェアするという風景が、当たり前になるのかもしれませんね。

No Comments

週刊雑誌がアプリで読める!

「社長 島耕作」や「宇宙兄弟」「GIANT KILLING」などの連載漫画を柱として人気を集めている雑誌「モーニング」の公式アプリがリリースされているのをご存じですか?雑誌のモーニングは1冊あたり330円(税込)なのに対し、アプリは1ヶ月単位での課金となり月額500円(税込)と破格での提供です。毎号300ページ超のボリュームで配信される作品。創刊号より「山下和美名作読み切り劇場」の連載や23日配信号から「沈黙の艦隊」復刻連載も開始されるそうです。読みたい作品へすぐに遷移できる目次機能や、明度調整、拡大・縮小機能などアプリならではの機能が堪能できるそうですよ。このアプリさえあれば、書店・コンビニにいかなくともアプリならではのインターフェースで「モーニング」を購読することができますね!アプリのダウンロード自体は無料です。モーニング愛読者さんには必見のアプリですね。

No Comments